公務員の看護師、給料・ボーナスってどうなの?

公務員の給料は、一般的に平均水準かそれ以下だと公的には説明されています。

 

しかじ実際には、一般的な公務員でも平均水準以上の給料・ボーナスが支給されているといわれています。そういった中で、特殊な公務員はどうなのか。これについて考えている方も大勢いらっしゃるでしょうから、公務員の看護師、給料・ボーナスってどうなの?このことについて考えてみたいと思います。

 

まず、公務員の看護師になるためには試験に合格する必要があります。

 

代表的なのは市民病院や国立病院、そして大学病院等があります。これによって、地方公務員、国家公務員というような違いがあるのですが、基本的に全年齢の平均ベースでみると、公務員の看護師のほうが、民間の看護師よりも高いというデータが出ています。

 

データでみると、平均年収レベルでも50万円以上の差が出ているということですから、給料・ボーナスというようなことを考えると大きな違いとなっています。

 

ただし、公務員の看護師というと、ハードルが高いということは間違いなく、上記は平均ベースの話であり、より高い給料、700万円以上の年収が欲しいというような場合は民間でいいところを探すというのも選択肢にはなります。


このページの先頭へ戻る